こんにちは。

リハビリスタッフです。

2月11日は与論町中央公民館で『公民館活動発表会』がありました。

(今回の写真は全て発表会準備時の撮影の為、ちょっと寂しげですが、発表会は大勢の町民が集まっていましたよ)

毎年、4月から公民館教室が始まり、その年の活動の成果をアピールする場です。

『百人一首』教室は展示がいいとの意見が多かったですが、やはり実演がなければ『小倉百人一首 競技かるた』の奥深さ、楽しさを伝えることが出来ないと思い、発表会と実演の2つを行うこととしました。

写真は当日のプログラムです。

発表は舞台で、2部構成です。

『百人一首』教室は第1部の5番目に10分間で行い、それ以外の時間は舞台のある『大ホール』の向かい側、『中ホール』で練習風景や試合風景を見てもられるようにしました。

写真は準備中の『中ホール』です。

舞台での発表も畳6枚を引き、10分間の為、私と高校生の4名で、1対1を2試合、同時進行で行い、代表者が解説を行いました。

札も本来の試合は50枚使用するところを、20枚(自陣10枚、敵陣10枚)、暗記時間もなしで実演。

町民の皆様、『いろはかるた』や『ユンヌかるた』は知っていますが、『小倉百人一首 競技かるた』は知らなかった様で、

大勢の方が間近まで見に来られ、札を1枚払う度に大歓声が上がりました。

*本来、「競技かるた」は音が大切な競技の為、読み手が読みを始めたら物音1つたててはいけませんが、今回は特別です(笑)

ちなみに、『ユンヌかるた』は与論島の方言を「かるた」にしたもので、与論島内で大会もあります。

 

舞台発表は『小倉百人一首 競技かるた』のいい宣伝になったようで、舞台発表後は『中ホール』に見に来てくださる方、チラシを持って帰られる方も増えました。

来年、再来年と次に繋がる発表が出来た事に満足の出来でした。

3月中旬は、第37回全国競技かるた鹿児島大会です。

鹿児島県での全国大会は年に1度。

与論かるたクラブのメンバーで参加する人はいるのかな?

 

*************************************************************************************

現在、リハビリ職員募集中です。

理学療法士、作業療法士、言語療法士 募集中。

 

気になる方は是非、問い合わせ下さい。

【問い合わせ先】

与論徳洲会病院 総務課

電話: 0997-97-5388

E-Mail: soumu@yorontokushukai.jp

お待ちしています。