与論徳洲会病院 事務長 牧 均

当院は与論島内で唯一の24時間オープンの医療機関として、昼夜を問わず救急患者の受け入れ体制をとっています。また、夜間の救急患者発生の際でも、当直医以外に臨床検査技師や、診療放射線技師が24時間体制で待機していますので、いつでも検査が可能です。

当院で治療が困難とされた救急患者については、日中はドクターヘリにて、夜間は自衛隊のヘリコプターで島外の医療機関へ救急搬送を行っています。

夜間の救急搬送については、沖縄県の医療機関への搬送がほとんどで、救急搬送を要請してから受け入れ病院に到着するまで、沖縄の場合約2時間です。

また、在宅にて療養されている高齢者の方に対しても、24時間体制で看護師が待機していますので、いつでも訪問看護をする事ができます。